タミフルで完全復活!

タミフルで異常行動はやっぱり怖いけど実際問題ない

おかゆとレンゲ

毎年冬になると必ずといっていいほど流行するのがインフルエンザです。
インフルエンザの症状は様々で、咳、のどの痛み、くしゃみ、食欲不振、全身倦怠感、腹痛、高熱、悪寒、関節の痛み、といった症状を引き起こします。
インフルエンザは感染しますので、できるだけ早く病院行って薬を処方してもらい自宅で休息をとりましょう。
そのときは人気のインフルエンザ治療薬を希望してみても良いでしょう。
最近ではリレンザの処方が主流になってきています。
リレンザの成分ザナミビルの効果は内服薬より早く出て、早い方だと1日~2日で症状が落ち着きます。
他にはタミフルで症状を落ち着かせたり、アモキシシリンでインフルエンザ菌を殺菌したりと、薬面に関しては問題ないとも言えるインフルエンザですが、感染した場合にはどんな食事をとればよいでしょうか?それは、無理のない範囲で食べられるものを食べることです。
高熱が出ていると免疫力が低下します。そんな時に無理にお腹に食べ物を入れると吐き気を催しますし、胃腸の動きが弱っているときに無理に食べ物を食べると消化不良を起こしてしまいます。
それで、食べられるものを食べるようにしましょう。お粥や雑炊やうどんなどは身体を温めますのでおすすめです。
また野菜をたくさん使った野菜スープやカボチャスープなども栄養がとれますのでおすすめです。
しかし、熱があるので温かい食べ物は受けつけないという場合には、ヨーグルト、ゼリー、プリンといった冷たいものでも良いでしょう。
また、ミカンなどの柑橘類は身体の抗酸化作用と抵抗力を高める役割をしますので、ミカンなどの柑橘類でも良いでしょう。
しかし、もし食べ物を受けつけないとしても、水分補給だけはしっかりととるようにしましょう。
特に、下痢などの症状が出ているときには脱水症状が悪化しやすいですので、たくさん水分をとりましょう。
ぬるめの麦茶、白湯、スポーツ飲料などでしっかりと補うようにしましょう。
インフルエンザは感染すると、とても大変です。それで、普段からインフルエンザにかからないようしっかりと栄養をとりましょう。