タミフルで完全復活!

タミフルの負担と薬価について

タミフルはインフルエンザの治療薬としてよく知られていますが、インフルエンザの治療だけでなく予防のために服用することもできます。
ちなみに、予防のために処方してもらう場合、病気にかかったわけではないので健康保険が適用されません。
全額自己負担となるため、その薬価について知っておくと良いでしょう。
自由診療でタミフルの処方を受ける場合、カプセル1個あたりの薬価は320円程度となります。
予防のためには10日間飲み続ける必要があるため、3200円程度かかることになるでしょう。
ちなみに、これはタミフルだけの薬価なのですが、病院で処方を受ける場合は診察料などもかかってきます。
そのためトータルの料金については5000円~7000円程度になるでしょう。
タミフルは通販サイトでも手に入れることができますが、1箱10個入りで6000円~8000円程度の薬価となっています。
通販サイトを利用すれば病院のように診察料などはかかりません。
しかし、タミフル自体の薬価が病院よりも高いため、トータルでかかる料金はあまり変わらないでしょう。
少しでもインフルエンザの治療費用を安くしたいという場合、最安値の通販サイトを見つけておくことが大切です。
タミフルの価格を通販サイトで確認しておくことで、どこで買うのが一番お得になるのかをすぐに判断することができます。
インフルエンザはというのはウイルスが体内で急激に増殖することで症状が悪化してしまう症状であり、できるだけ早くタミフルなどの抗インフルエンザ薬を服用するようにしましょう。
インフルエンザにかかると高熱が出ることが知られていますが、悪化するとインフルエンザ脳症などが起きてしまうこともあります。
これはインフルエンザウイルスが脳に入って発症するわけではなく、体内でウイルスを破壊している抗体が脳まで破壊してしまうことが原因となっています。