タミフルで完全復活!

異常行動が心配ならタミフル服用の際は誰かと一緒に

体温計と薬と熱さまし

インフルエンザに感染すると風邪よりも重い症状が出るため、注意が必要になります。
いきなり高熱が出て全身が重苦しくなるほか、高齢者は肺炎を、乳幼児はインフルエンザ脳症や脳炎、気管支炎、中耳炎などを引き起こすこともあります。
そのためインフルエンザに感染した場合、早めにウイルスの増殖を止めることが必要になります。
インフルエンザウイルスの増殖を抑えるには、タミフルやイナビル、リレンザ、ラピアクタなどの薬を使用します。
タミフルやリレンザなどは抗インフルエンザ薬と呼ばれ、発症してから48時間以内に服用を開始すると、増殖を効率よく抑えることができ、症状を早い段階で回復させることができます。
比較的安全な薬ではありますが、タミフルを服用した場合リレンザに比べ異常行動を起こす頻度が若干高くなっています。
そのため10代の未成年者は、原則としてタミフルは使用しません。
そういった際にはリレンザが処方されます。
リレンザは吸入薬という特徴から避けられがちですが、リレンザを正しく使うことが出来れば即効性のあるよい薬です。
異常行動は、奇声を発する、高いところから飛び降りる、いきなり走り出す、意味不明な事を口走るなどといったことが起こります。
タミフルを服用したから起こるわけでもなく、タミフル以外でも異常行動が見られるためインフルエンザに感染したことにより、脳症や脳炎をひきおこされた可能性もあります。
また、年齢も10代に多いとされていますが、他の年齢でも起こっています。
異常行動はタミフルを服用して24時間以内に起こることが多いです。
そのため、抗インフルエンザ薬を使用した場合は、熱が下がるまでか発症してから2日程度は目を離さないようにすることが大切です。
無意識で様々な行動をしてしまうため、心配なようであればタミフルを服用していることを誰かに伝え、一緒にいてもらうようにします。